中古車売買をサポートする情報サイト

>

商談そして契約成立

契約から購入後にやるべきこと

中古車を購入する際には、見積書や注文書などの書類を交わします。
これらの書類には必ずすべて目を通しておきましょう。
特に金額については要チェックです。
各種税の金額が正しいか、プライスボードに書かれてあった数字と相違ないか確認しましょう。
納車に関しては自分で取りに行くようにするとその分納車費用を浮かせることができます。

また、口頭で約束してもらった内容については必ず文言として書面に残しておいてもらうようにするとあとでトラブルになるのを防ぐことができます。

納車されたらすぐに書類の内容を確認し、車の状態をチェックしておきましょう。
中古車のための保証を行っているお店もありますので、不安な方は保証サービスをつけられるお店で購入すると安心です。

そして、購入後はすぐに任意の自動車保険に加入しておくことをお勧めします。

中古車を売る場合

自分の持っている車を中古車として売る場合は、できるだけ高く売りたいものです。
まずは車の相場価格を調べてみましょう。
中古車を売買しているお店のサイトから簡単に調べることができます。
ただし、これはあくまでのデータ上でのことなので参考程度にとどめておきます。
査定は無料というお店がたくさんありますので、複数の店舗で査定を受けてみて比較検討することが望ましいでしょう。
ご自分でできる限りの清掃や修理をしておくことで査定額を上げることも可能となります。

必要な書類としては、車検証や印鑑登録証明書、自賠責保険証明書などがあります。

お店によっては代車を無料で手配してくれるところもあります。
買い換えた車が納車されるまで車がなくては不便で困る、という方には有用です。


TOPへ戻る