中古車売買をサポートする情報サイト

>

中古車販売店を訪問する

プライスボードの見方

中古車販売店を訪問したら、まずは希望する車種についているプライスボードを見てみましょう。
これは規約によって表示が義務付けられています。
フォーマットは自由なので表示の仕方に違いはありますが、内容は同じです。
実物を見ただけではわからないこれまでの車の使用歴などがわかる大切な情報源です。

現金販売価格や登録年月、車検証の有効期限、走行距離数、保証の有無など10項目が記載されています。
これまでその車がいつから、どのような使い方をされていたのかが表示されています。
一般的には走行距離数が多いほど年数が経過しており、価格が安くなっていることが多いです。
古い車ほどきちんとした点検が必要になります。
今まで乗っていた方の点検整備記録や修復歴の有無を確認しておきましょう。

車のチェックポイント

中古車をチェックする際のポイントの一つは、見た目にわかりやすい外装です。
塗装に色ムラがないか、傷やへこみがないかを確認しましょう。
内装もゴム部分が劣化していないか、トランクルームに汚れがないかなどを確認します。
特に煙草を吸わない方は灰皿に使用跡がないかもチェックしましょう。
煙草のにおいや汚れは全体に広がって染みついてしまいます。

各種ボタンがきちんと押せるかどうか、カーナビの更新はされているか、すべてのスピーカーから音が出ているかなども確認したいところです。

エンジンや駆動系に関しても、オイル汚れがないか、異音がしないかなどは重要なポイントです。
安全のためにサイドブレーキの効きも確認しておきましょう。


TOPへ戻る